JIBEOにとって株式会社ベルテックスはよい例のようです

インターネットが流行りはじめた時期は、インターネットを使っているというだけでもかなり時代のトップを走っているような人であるといったイメージを持たれることもあったようですが、時代の移り変わりとは本当に早いですね。

インターネットの普及の速度は本当にものすごかったため、インターネットの普及の歴史や、インターネットのこれまでの歩みがどのようなものだったのか、すでにほとんどの人たちが忘れてしまっているようです。

これはインターネットの素晴らしさや奥の深さを考えると、ちょっと残念なことでもありますけれども。

それに、インターネットはただ素晴らしいだけのシステムなのではありません。

インターネットの上にはたくさんの問題があることも無視しては行けない事実のひとつですよね。

インターネットというところは本当に便利であると同時に無限のリスクを背負い込んでいるところでもあるのです。

しかし、そのようなリスクの多さはただ黙認されているわけでもありません。

JIBEOのような組織がつくられたことで、だいぶ事情は変わりつつあるのだそうです。

JIBEOはまともな情報商材を取り扱っている企業を率先して探すようなことをやっていますが、株式会社ベルテックスのような企業はまさにJIBEOが要求するガイドラインに沿っています。

株式会社ベルテックスを見習うことが企業には求められます。

株式会社ベルテックスはある意味模範的なのですね。